« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

夏井いつきの一句一游『汗拭い』

◆父さんの煙草の匂い汗拭い

          台所のキフジン

  夏井いつきの一句一游 『汗拭い』

俳句ポストへ投句している人たち

  ハイポニスト と ちょっとしゃれた名前があるのだけれど ・・

その ハイポニスト として 親しくさせていただいている

  お顔は たぶん・・こんなひとだろう と想像の域を超えないが

『柝の音』さん から!!

  (^O^)/  水曜日に  父さんの  ・・・・・ 読まれたよ〜!!

って 教えてもらうことができた!!fullmoon

ワタシは昨日デイサービスのお風呂へ入り リハビリをして

  ちょうど!帰ってきたところへの うれしい!!にゅーすだったnotes

思いっきり急いで


一句一游 聞き書き隊の皆さんの 朧庵fullmoon

へとなだれ込んだ!  が!!

柝の音さんの言う 水曜日が・・・・・ 見つからない(>_<)・・・・

う〜ん やっぱし 私の ガラケーからじゃ…ダメなのかもオ〜・・

なんて ちょっとショボントシタ その瞬間!!

柝の音さんからの ダイレクトメッセージが!!!

そのメッセージを開く瞬間前!!!

  ワタシ  ラジコ  で 聞いてるから早く知るのよwobbly

そうだぁ〜!!bearing

  柝の音さん  ラジコ でリアルタイムで聞いてるんだったぁ〜!!

なんていうコト思い出して

開けてみたら!!やっぱり

      

lovelyのコメントが!

  わたし  ラジコ で聞いてるから サイトは明日になるかもね。。

  って こんなやさしい言葉が送られてきていた!!

その 一行前には ありがとう!! サイトに見に行って来まぁす!

ナンて ホント子供っぽい62才のワタシが居て・・

はずかしいやら  可笑しいやら で パソコン画面を相手に

     頬杖をついて 鼻で笑うしかなかったhappy02

そして

今朝

     朧庵  へいってきました ^^v


父さんの煙草の匂い汗拭い


昔むかし

まだ わたしが運動靴を履いてランドセルを背負っていたころ

わたしの家は 目黒の碑文谷という所で クリーニング屋さんをしていた

お父さんは腕のいい仕上げ職人で 足袋を仕上げさせたらお父さんの右に出る者は居ない

と云うのが 口ぐせのように お父さんも周りの職人さんたちも云っていた

たしかに それは ホントの事だったのかもしれないけど

お酒と賭け事でおかあさんを泣かせる父さんを私は嫌っていた

酔って帰ってお酒のにおいをさせたまま朝を迎え 仕事もせず布団にもぐる

そういう父を子供だった私は嫌っていた

いつだったか

朝になっても起きようとしない父を見て

なんで 眠っている間に殺さないのか??

 と いつも泣くだけの母に詰め寄ったことがある

母は

あなたたちを殺人犯のコドモにはできないから

  そう云って また泣きそうな顔をした


そんな家庭に育っても

三つ離れた妹は

ワタシの目から見ると 父が好き なように見えた

何かというと

  浅草でも行くかぁ〜・・という父に

行くいく!!ぅ〜!!

とくっついて回り

出掛けるまで顔も洗わず髪も梳かさず ・・

母のほら支度して!!

と云う声にやっと遊ぶのをやめて動き出すと云う風だった


わたしは ポケットにハンカチを持っていた

そして 自分の汗は自分でふいていた


妹は短く切るのが嫌で長く三つ編みにしていても

だらしなく その三つ編みに寝たまま起きたままのふわふわしたゴミみたいなのがついているほどだった

そして その三つ編みのゴミを父は笑った

碑文谷の家から目蒲線に乗り何度か乗り換えて浅草へ着くころには

もう 汗びっしょり という状態になっていた

ポケットから出して手の届くところは拭えていても心のどこかが拭えなかった

父と並んで 必ず窓をを向いて座る妹はいつも楽しそうだった

ワタシと母はただそれを見ていた

そして窓を見る妹の耳元へ父はいつも何か話しかけていた

おとうさん と 声に出すのも嫌だ と思っていたくせに

父が妹の汚れたままの顔を笑い あちこち拭っているのを見ないふりをして 見ていた


  汗拭い

という兼題が出たとき

あのときの素直になれなかった自分

妹の人を疑うということを知らない素直なエガオ

昭和37・・8年 なのか緑の座席は動いて・・浅草

お父さんの匂いは ショートピースの匂い

焼けたアイロン の匂い ・・


もう 妹に焼いたやきもちも笑い話にできそうだけど

妹が云うには

お父さん 拭いてくれるとき  ぺっぺ  って ツバつけて拭くんだもん

  もう嫌なんてモンじゃなかったよオ〜angry


 。。お母さんにしといてよかったぁ〜(^O^)/












| | コメント (0) | トラックバック (0)

つづき

ヒロト君は 細長い下剤と丸い胃の薬を処方してくれた

 強い薬を飲んだことで胃を荒らし

お尻の傷んでいるうちは訓練ができない と云うことで尚更にマヒ度を高めたんだろう

と 落ち着いた声で言ってくれた

下剤も沢山飲んでいるから

 もし 出過ぎるようだったら

細長い こっちの薬を控えてね

と丁寧にアドバイスしてくれた

・・なんでこんなに下剤を飲んでいるのにきっちり出ないのか・・と

最近 流動食以外に口にしている 『ガム』が悪いのかなあ と聞いてみた

そうすると

  ガム  イイんだよ

アメリカでは術後すぐの患者さんに ガムを噛ませるんだ(^^♪

と わが意を得たり!! という ちょっとかわいい顔をしたりしてくれた^^v

7月31日にヒロト君の外来を予約して

処方してもらったお薬を飲んで

先週の金曜日には 皮膚科のドクターにも


     『完治』  よく頑張りました!!wine

と云ってもらえて!!

気がついたら 私はこの2か月近く 通所していても声さえ出せず

ぼーっとして過ごしていた

いつも同じに過ごす って 難しい

手を抜こうとすれば どんどん抜けるし

がんばることを忘れていく


そして ヒロト君は こうも言った

  見舞いされる立場の人が見舞いになんか行っちゃいけないんだ

     ちょっと背中を固くして 云い切ってみせてくれた 。。

   夏の霜いま吾に降れ生きる道

          台所のキフジン 元気!!ですapple

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日から

おかあさんのお見舞いに行って

抗生物質の効かない菌にかんせんしちゃったおかあさんを  かわいそオ〜 ナンて云ってたら

とんでもない!!(>_<)

自分が 感染しちゃって。。。。。

もう」 こうやって ヒトはヒトじゃなくなるんだなぁ〜  って体験 経験 痛い思いをして

昨日から やっと 前と同じ生活パターンに戻ることができた

戻らなくてもイイって云えばイインダケド

無理やりでも 戻さなきゃ!!

わるくなるのはいつでも悪くなれるんだから

ということを めちゃくちゃ 一生懸命説明してくれる人たちが居て

  言葉で言ったら簡単なんだけど ・・

感染するまえととオナジ在宅の日程に戻ることになった

ワタシみたいに 介護を必要とする人の生活は

普通の人のそれとは比べ物にならないスピードで 奈落へも何処へでも落ちていくコトを

今回嫌というほど身に染みて感じてしまった

 ・・ とにかく ものが考えられなくなった

最初に感じたのは

  『漢字が書けない』

  という普通のヒトだったら 笑って済ませられるようなことだった

もともと ひらがな が好きで  私の俳句にはひらがなの句が多いのだけれど

はっと 気がつくと 投句葉書に見えるのは ひらがな ・・ ばかり だった

いまは 多発性脳梗塞からの認知症を患っている母が そうであったように

いつも ぼーっと テレビを見ていた

   おかあさんとオナジ私が居る!!

その恐怖に駆られて とっさに テレビを消した

ヒトはミンナ 認知症になるのよ

そう云っていた すずかけのドクターの顔が浮かんだ

  あ〜 わたし このままじゃ ダメになる

怖かった

皮膚科のドクターは 

痛みから逃れようと ものを考えない状態を作り出すような

  そんな発作を起こしているんだよ

  と  治れば 治るから と 優先順位を痛みに持ってきて 治そうね

  と 優しく云ってくれた

 一気に痛みを治療するために飲んだ薬が!!キツカッタ

去年の暮れにイレウスで入院治療を受け

今もって  食形態は 流動食  のわたしの 胃  にめちゃくちゃな打撃を与えてくれた

ダメだ ・・ ヒロト君のとこ行って来なくちゃ!!

と 慌てて 予約を入れても 採れたのは 一週間以上先 ・・ だったと思う

結局

  あまりの 胃 の痛さ イレウス怖さに

介護タクシーを頼んで ヒロト君の病院へ 救急外来として駆け込む羽目になった

待ちますけど

  何日か先に 予約 ありますけど

もう きっとたぶん親切心で言ってくれてるんだと思うけど

ン日か先じゃ待ってられないから!来たんです!!

と 車イスのワタシは 一人救急外来受付で やっとこさっトコ受け付けてもらえるところまで行った

そして順番を待っていると

案外早く 看護婦さんがやってきてくれて

診察の前に レントゲンと 採血 しておきましょう

と 車いすを押して 連れて行ってくれたりしていた

検査が終わって

2階 外科外来 へ戻ってみると

(^O^)/

ナンと なんと!! びっくり!!

ちゃきちゃんが!!

来ていてくれていた!!!!!

  オモワズ  ちゃきちゃん 〜 ($・・)/~~~

  とか 大きい声で言ってしまった

ご主人来ていてくださったんですね(^^)/

  と 車いすを押していてくれた可愛い看護婦さんが優しく云ってくれた!!

そして小一時間も待っただろうか

時間がかかってもイイですか??

と 念押しされた割には案外早く呼ばれて

消化器内科の若いイケメン風の先生のお話を聞いた

イレウスと云うのは 小腸が詰まることを云うんですが

小腸にガスは溜まっていますが つまってはいません

大腸は ・・・・ お薬出しておきましょうか ・・・・

外科の予約が入っているので お薬は そのときでいいですね

水分をたくさん摂って 動くようにしてください

  気を付けてね

  というような お話し だった と思う

ちゃきちゃんは 救急外来でヒロト君の病院へ行ってきます という私のメールを見て

会社から帰ってきてくれたのだそうだ

会社の人たちが 行ってやれ  と云ってくれたそうで<(_ _)> アリガタイデあります!!



その 救急外来へ行ったのが火曜日で 金曜日に皮膚科の受診をして

次の週の月曜日はデイケアをお休みして

100回以上電話してやっと予約できた

ヒロト君の外科外来へ行ってきた

ヒロト君は

救急外来に来たんだって??

と聞いてくれた

 ・・だって 予約の電話がやっとつながったのが火曜日で

月曜日の予約しか とれなかったんだもん!!

と ちょっとふてくされて見せた(*´▽`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »