« 俳句マガジン7月号 | トップページ | つづき »

昨日から

おかあさんのお見舞いに行って

抗生物質の効かない菌にかんせんしちゃったおかあさんを  かわいそオ〜 ナンて云ってたら

とんでもない!!(>_<)

自分が 感染しちゃって。。。。。

もう」 こうやって ヒトはヒトじゃなくなるんだなぁ〜  って体験 経験 痛い思いをして

昨日から やっと 前と同じ生活パターンに戻ることができた

戻らなくてもイイって云えばイインダケド

無理やりでも 戻さなきゃ!!

わるくなるのはいつでも悪くなれるんだから

ということを めちゃくちゃ 一生懸命説明してくれる人たちが居て

  言葉で言ったら簡単なんだけど ・・

感染するまえととオナジ在宅の日程に戻ることになった

ワタシみたいに 介護を必要とする人の生活は

普通の人のそれとは比べ物にならないスピードで 奈落へも何処へでも落ちていくコトを

今回嫌というほど身に染みて感じてしまった

 ・・ とにかく ものが考えられなくなった

最初に感じたのは

  『漢字が書けない』

  という普通のヒトだったら 笑って済ませられるようなことだった

もともと ひらがな が好きで  私の俳句にはひらがなの句が多いのだけれど

はっと 気がつくと 投句葉書に見えるのは ひらがな ・・ ばかり だった

いまは 多発性脳梗塞からの認知症を患っている母が そうであったように

いつも ぼーっと テレビを見ていた

   おかあさんとオナジ私が居る!!

その恐怖に駆られて とっさに テレビを消した

ヒトはミンナ 認知症になるのよ

そう云っていた すずかけのドクターの顔が浮かんだ

  あ〜 わたし このままじゃ ダメになる

怖かった

皮膚科のドクターは 

痛みから逃れようと ものを考えない状態を作り出すような

  そんな発作を起こしているんだよ

  と  治れば 治るから と 優先順位を痛みに持ってきて 治そうね

  と 優しく云ってくれた

 一気に痛みを治療するために飲んだ薬が!!キツカッタ

去年の暮れにイレウスで入院治療を受け

今もって  食形態は 流動食  のわたしの 胃  にめちゃくちゃな打撃を与えてくれた

ダメだ ・・ ヒロト君のとこ行って来なくちゃ!!

と 慌てて 予約を入れても 採れたのは 一週間以上先 ・・ だったと思う

結局

  あまりの 胃 の痛さ イレウス怖さに

介護タクシーを頼んで ヒロト君の病院へ 救急外来として駆け込む羽目になった

待ちますけど

  何日か先に 予約 ありますけど

もう きっとたぶん親切心で言ってくれてるんだと思うけど

ン日か先じゃ待ってられないから!来たんです!!

と 車イスのワタシは 一人救急外来受付で やっとこさっトコ受け付けてもらえるところまで行った

そして順番を待っていると

案外早く 看護婦さんがやってきてくれて

診察の前に レントゲンと 採血 しておきましょう

と 車いすを押して 連れて行ってくれたりしていた

検査が終わって

2階 外科外来 へ戻ってみると

(^O^)/

ナンと なんと!! びっくり!!

ちゃきちゃんが!!

来ていてくれていた!!!!!

  オモワズ  ちゃきちゃん 〜 ($・・)/~~~

  とか 大きい声で言ってしまった

ご主人来ていてくださったんですね(^^)/

  と 車いすを押していてくれた可愛い看護婦さんが優しく云ってくれた!!

そして小一時間も待っただろうか

時間がかかってもイイですか??

と 念押しされた割には案外早く呼ばれて

消化器内科の若いイケメン風の先生のお話を聞いた

イレウスと云うのは 小腸が詰まることを云うんですが

小腸にガスは溜まっていますが つまってはいません

大腸は ・・・・ お薬出しておきましょうか ・・・・

外科の予約が入っているので お薬は そのときでいいですね

水分をたくさん摂って 動くようにしてください

  気を付けてね

  というような お話し だった と思う

ちゃきちゃんは 救急外来でヒロト君の病院へ行ってきます という私のメールを見て

会社から帰ってきてくれたのだそうだ

会社の人たちが 行ってやれ  と云ってくれたそうで<(_ _)> アリガタイデあります!!



その 救急外来へ行ったのが火曜日で 金曜日に皮膚科の受診をして

次の週の月曜日はデイケアをお休みして

100回以上電話してやっと予約できた

ヒロト君の外科外来へ行ってきた

ヒロト君は

救急外来に来たんだって??

と聞いてくれた

 ・・だって 予約の電話がやっとつながったのが火曜日で

月曜日の予約しか とれなかったんだもん!!

と ちょっとふてくされて見せた(*´▽`*)

|

« 俳句マガジン7月号 | トップページ | つづき »

「老いるということ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174980/71127809

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日から:

« 俳句マガジン7月号 | トップページ | つづき »