三月三日

今日 三月三日は私の父の誕生日

生きていてくれれば きっと 蟹 と すき焼き でお誕生日のお祝いをした と思うけど

・・・・・ 父が亡くなったとき

高専の一年生だったコドモ①も もう31

まだ小学校の4年?5ねんせいだったか。。??

コドモ② も お兄ちゃんの後を追うように高専生となって

いまはもう 25 

ワタシは父を送った後

母の介護をし 今は要介護2 という 介護される側の人になっている

明石に住まう妹たち家族もそれぞれに齢を重ねて

。。。。。 今思えば

 父は いい時に 逝った と思う

あの頃は みんなが元気で

突然具合の悪くなった父のためだけにみんなが動くことができた

自分の体のことは 病気のことは気づいていたのだと思う

あれは 何もしない  という自殺行為 だったんじゃないかなぁ ・・

父が亡くなってから集まるたびに そういう思いがこみ上げてくる

それと同時に

ワタシには ・・俺には できないなぁ ・・・・・

という思いも呟いたりしている

・・・・・・・・・・やさしい人だった

おかあさんに手をあげたり

お鍋をなげたり ・・

めちゃくちゃなことばっかりしてたけど

ミンナがお父さんが 好きだった

自分が62にもなるのに  

三月三日 は 哀しくて悲しくて仕方がない


きっと 明石の妹のところでは仏壇に甘口の菊水と丸い味噌にぎりが あげられている

何の不足もないけれど

車イスでは仏壇のあるうちの2階へ行かれない

一番近くて一番遠いところ

          うちの2階

お父さんへ

此処から

     ばぁ〜か   と云ってみる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七重八重 。。。

暇だから イイのよ

 そういう彼女は

少し目立ってきた白いものが嫌だと

髪を銀色に染めてしまった

似合うね と云うと アリガト と返してくれる

わたしは デイサービスの利用者として

彼女は ボランテイアさんとして

 週に一回 デイサービスで顔を合わせているうちに友達 と呼べるようにもなってきた

ご主人が亡くなってから息子さんとのつかず離れずの生活

週に一度 お母さんの入所生活へ面会に行く途中作句するというプレバトを見てからの俳句の話

デイサービスのお風呂に入って食事をしてリハビリをして と案外忙しく動いている中 彼女とはいろいろな話をしていた

そんな 彼女から 嫌じゃなかったら ・・ 母のものなんだけど ・・・・・

と お母さんが夏の間に亡くなって ・・・ という話を聞いた

亡くなった おかあさんの荷物の整理をしていたら どうしても捨てられない 『短冊』のような

  『短冊帖』  七重八重七堂伽藍八重桜   芭蕉

     とある 短冊帖 を おずおずと差し出してきてくれた

そのときの彼女はもう遠くにいってしまったおかあさんに話しかけるように ・・ もうちょっとで 泣きそうな顔をしていた

     母の残していったものだから とまた云いながら おかあさんにでも話しかけているように

けっこう一生懸命に俳句やってたみたい

俳句のものばっかりいろいろ買いこんであったわ

母のところに行く途中詠んだ句で盛り上がったりしてたんだ ・・

と 彼女は 短冊帖 を 指の先で押してよこした

            さくらの句 を詠んで 彼女に贈ろう・・と思う

          もちろん さくらの 短冊帖  に書いて。。。。。cherryblossom

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今年もお世話になりました(#^^#)/・・・・・うっそー!!  

2016年 今年もお世話になりました_(._.)_thunder

去年も 死ぬゥ〜!!!

なんて 大騒ぎをしながら

  巨大化した無痛の盲腸と

そこから発症したサブイレウス → → ・・・ とを

ま。ま 気わるくせんといてや^^v

とか ダマしだましの一年が やっと終わってくれそうだったのに ・・・・・

お誕生日に喜び過ぎた??

  やっぱ 来た。。??

      来たわ!!
おお!

あんた  イレウス ちゃう?

       イレウス  やんsign03

なんで??!!

   わたし ずっと お粥だったのに(>_<)

     昨日のお誕生日だって ケーキ食べただけ!

          珈琲も お酒なんてまったく飲んでないのに!!

うそでしょ??!!

そうなんです

お誕生日に お花をもらって ケーキを食べます!! って そこまでは tweetなんかしちゃったりもしていられたのに ・・・・・

あんな体験初めて(>_<)

気がついたら 一分前のお腹じゃない!!

 胃 が 胃 が 『石』 になっていたbearing

お誕生日会モードはもうそこでオシマイ!

    お腹アッタメテ 眠れれば ダイジョブかも!????

なんていう淡い期待を込めて

62才のバースデイは 21時には お腹をあっためるホッとパックとともに。。。。。眠る!と決めて

朝まで寝無・・・・・・・った(´;ω;`)眠ったような眠れないような ネムッタ だった

 やっぱり ダメかも と観念して

起き上がった瞬間から 吐き が 始まった

wheelchair

車イスへ移りながら 吐き

トイレに座りながら 昨日の 『石』 ななってしまった 『い』 『胃』 をさすっては また 吐いた

  救急車が来てくれて石塚君の病院へ着くまで ストレッチャーの上で半分眠りそうになりながら まだ吐いていた

救急の診察室で 何人くらいの先生? 看護士さん??10人くらいは居てくれたのかも

『点滴』が 入らない
  採血できない ・・・・・・

そんな声を ぼーっと聞きながら ストレッチャーの上でまどろんでしまった(^_-)-☆

気がついた時には

点滴は 右足親指から入り

採血は 右ソケイブ

あとは バルーンと イレウスチューブを残すのみとなっていたε-(´∀`*)ホッつ


病棟へ上がって

イレウスチューブ  長いのにするか 短いので・・・ と 先生たちは一瞬考えていたみたいだったけど

イレウス発症中の私の車イス 左半身マヒ 痛がり 怖がり

 。。。。。 という そこいらへんを考えてくれて

  短いので  胃  までのチューブで! ということになった らしい^^v

もう あとは 昏々と眠った

バルーンと イレウスチューブは 石 だって云い張っていた 胃 に わたしは 胃 です もうしません_(._.)_

と 云わせてくれるほど 超快適 に 働き続けてくれた(;^ω^)

お誕生日の次の朝入院して

クリスマス25日の朝に クリスマスプレゼント!だねbellって云ってもらえた『ウンチ』も出た

チューブ 抜こう! 

そう云ってくれた時の先生に えっ??イイの?? もう抜くの??

ナンて ちょっとお名残り惜しいような気もしちゃったりして

 ・・もし また でなくなったら  ナンて  

ずっと 入れとく??

邪魔でしょ  とか云われても 一瞬 あまりの速さに ビックリしてしまうほど

こんなに 早く治って イイの??????

なんて ネhappy01

石塚先生に 聞いてみてね っていつも言ってくれていた 石塚クンの生徒さん ・・??みたいな

とっても若くて きりっと浜っ子(古い言い方かも ね)

その湘南地方の さわやか系先生は

 ホント 鼻の ナカ 細いね

って 清輝ちゃんそっくりの 真ん丸な中だけ細い鼻を云ってくれた

26日だったか

いつも忙しそうにしている 大好きな石塚クンが!!

          よかった ねぇshine

なんて  云ってくれたり

  調子が良ければ夜にも食事始めてみようか (^^♪

退院 は ??



 帰りたいんでしょ  ご主人の 予定は? いつでも来てくれるの??

               sun  happy02

もちろんですゥ〜!!!

  ナンて云っちゃったりして

石塚クン!!  サイコー!!!!!大好き!!


そしてそして 27日にはあの 点滴 ・・全部でナンカショ?サシタんだろ??

もうどうにも入らなくなってしまった 天敵たる?点滴もぬけて

それでもしつこく バルーンだけは待ってもらって昨日 退院のあさに抜いてもらうことができた(*´▽`*)

昨日帰ってこられて ほんと! よかった

病院に居た私より はるかにつらかったんじゃないかと思うほど

  たった10日居なかっただけの家は寒々としていた

ちゃきちゃんも 同じことを思ったらしく

ひとりじゃ 火を使うって食事しないからな・・・・・


よかった!! 昨日帰ってこられて!!

いま! ちゃきちゃんから ダイジョブかぁmobilephoneheart04って!!

心配してくれて 電話がありました^^^^^vv

朝 お昼になったら 電話するから 気にしててね<(_ _)>って云ったのに貰っちゃいましたhappy01

あ〜!!よかったぁ〜 あなぁたぁが いてェ〜(^O^)/


      お腹は胃 でできてます


きっと 来年も メッチャいい年になってくれる!って思えてきました

   出会えた人 みんなの手を借りて生きています

          本年はどうもありがとうございました

     
          めっちゃシアワセ気分の

               台所のキフジンより


(人''▽`)ありがとう☆






  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

外科外来 。。

今日は 今年最後の通院でした

。。。。。 12月は混んでるよ〜!!

なんて 云われてたけど

  そうでもないじゃん

なんて思っちゃったのは やっぱり素人?なのか??

待てど暮らせど ・・ってわけじゃないんだけど

いつもだったら 先生の外来が終わればある程度見通しがつくのに

今日は どこに行っても長蛇の列(>_<)

入院検査のための 入院予約をしなくちゃならないんだけど

めちゃくちゃ具合の悪そうな人とかが 予約じゃなくって 入院!

急いでるの!!

って感じの人たちが終わってから

わたしの場合車いすだから 予約カウンターを人より大きく開けてもらわなきゃならなくて

・・そんなこんなで 。。。。。疲れた

いっつも 思うんだけど

無理やり生きてるんだから・・仕方ないかぁ〜・・ってね

あのとき 死んでたじゃん ・・

  そう思うときが数え切れない ・・は ちょっとオーバーか(^_-)-☆

死んでてもおかしくないってときもあったんだし

 いま 生きてるし 泣くこともあるけど 楽しいって笑い会える人もいるし

わたしって しあわせじゃん!!  とかも思っちゃったりして^^v

来年 1月31日の入院検査から また ガッツ!!で スタートしちゃいます


            どうぞよろしく(´▽`) なのでありました_(._.)_

| | コメント (6) | トラックバック (0)

昨日帰りました

昨日帰ってきました
はじめて 3月の末から入所して
出たり入ったり 。。。。。泣いたり 笑ったり ケンカもしたり 。。
デキルことは・・・・・・ み〜んなやって!!

61才にして 折り紙デビュー!?も果たして

あンマリ嬉しくって
作りまくって 俳句も短歌も詠めなくなっちゃったりして

それでも ほめてくれそうな・・人には送っちゃったりして

 妹なんて来年還暦だっていうのに ほめるより
      !! アンタ!左手 動くようになったのオ〜(*_*)

なんてこと言うしそれが可笑しいって 泣けてきちゃったりするし ・・

とにかく ステキなときを過ごしてきました

  帰ってすぐ折り紙の本の追加と折り紙を買ったのは云うまでもありません が

また 在宅生活 がんばるぞオ〜!!

              の     台所のキフジンでありました!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

一句一游^^v友・・・

この夏から

 『夏井いつきの一句一游』
という15年?? も続いている南海放送 だったと思う  ..
そこへ投句させてもらい始めている
・・というのは ちょっと前のブログに載せた ・・ と思うんだけど

毎週のように すずかけの私の所へ来てくれている友人が
 この頃 テレビの プレバト を見て の話に盛り上がったり
 もりあげてくれているんだろうけど・・
ついに!!
  彼女も! 俳句を始めることに・・なった!!

俳句ポスト は ちょっとしんどいから と メールで投句できる!

この 『夏井いつきの一句一游』 からの 俳句デビュー!!となった^^v

どんどん詠んでどんどん投句して
 イイかどうかは 先生が決めること! と云うわたしに
   けっこう うるさいことを云う

なんだかワカンナクナッテきた とか
  この言葉は  どこにかかってるの??

とかとかとか ・・

     そんなこと 私に聞かれたって ・・・・・
応えられるワケがない ・・!!

今年の すずかけ には 背が高くてきれいな娘さんが来てくれている

友達だ!って言っているのに
ワタシと4つしか違わないママ友の彼女を

     娘さん きれいねぇ〜

       とても親子に見えないわぁ!

  って 親子じゃないもん!!

淋しくないって言っても
 やっぱり一人でいると 人並に淋しさも 感じる

遠いから  タイヘンだから 来なくていいよ

義務化 しないでね 。。。。。

とかなんとか云ってはいても
  やっぱり 彼女を待つ癖がついてしまったみたいだ

今月の俳句界の特選に選ばれた白牡丹の句を見て

申し訳なくも彼女と自分を重ねてしまった ・・わたくしであります

budmapleapple

| | コメント (4) | トラックバック (0)

明日から ・・

先月の30日に退所してきて
外来受診 在宅再開 父の日。。と ケッコウ忙しく暮らしていて
この夏を乗り切るためと介護してくれるちゃきちゃんの負担を少しでも軽くするためと

明日から また 老健  すずかけ  へ 入所してきます

毎年 見知った顔に会って 気の合った職員さんたちと ・・ けっこう??かなり? 楽しく過ごしてはいても
やっぱり 行く 前の週 前の日 とかは ちょっと へたり込んだりしてしまう・・

ま そんなこと言ってたって
楽しく過ごすのが上手なわたし 楽しくなくっちゃ!!が信条のワタシ!だから
・・・・・無理にでも 楽しく!!
     楽しそうに !!  する!

ケッコウ  その 『楽しく』 と 『ホント』 のハザマに揺れて それでいつも苦しんでしまうんだけど ・・ ね

みんな オンナジだと思うの
いまは 自分で移乗できるし
考えることも  時間を過ごすこともできる

だけど  私のような 病人を家族に持ってしまった人のストレス って 

     計り知れない  って 思うの

そう思って 理解しようと 気持ちを ね 
家族 ちゃきちゃん や 子どもたち その気持ちをわかろうとは思うんだけど

やっぱり 思いきれないで お互い いやな気持になってしまうこともある

神経内科の先生は 追い込まれないうちに

少しづつ 入所して 自分たちを上手に休ませてあげなさい ・・

なんて 云いながら すこし笑って


『お互いを疲れさせないようにね』


     なんて 云ってくれる

入所すればいいってワケじゃないけど

つかず はなれず  って あの雰囲気??かな??

人間関係っていつまで経っても 難しいです 。。。。。


     では 明日 行ってきます

                         (*^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

俳句マガジン5月号 ・・・

3月の24日にすずかけへ入所して

いつもの 112室 での生活が始まった ・・
いろんなことがいっぺんに襲ってきて
 ナンだ 私って 強いコ じゃなかったんだ・・・・
ナンて思い知らされていたころ

  投句したこの句が  『特選』!となって私のもとへ帰ってきてくれた!!

     俳句マガジン 100年俳句計画 雑詠
      
       『特選』

◇窓からの風は緑に暗き間も


     木々に吹く風を感じるのは、昼間の事が
    多い。その光に目をとられるからだろう。
    しかし夜や早朝であっても。風が吹けば
    木々は葉を揺らし、香り立つ。光の少ない
   時分こその、葉の音、香り、そして色を
   驚きとともに描く果敢。


・・・・・へたり込みそうな気持ちを またここで助けてもらえました

廊下や食堂
ミンナの目に触れるところでは元気なエーコちゃんで居られても
いつもの112室へ戻った瞬間から自分の萎えてしまいそうな気持ちがどっと噴出してきてしまいます
そんな 112室へ戻った瞬間を詠みました

評にいただいた言葉がすべて魔術のように当てはまり怖いくらいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気になぁれ!!

ずっと前から そうは思っていたんだけど・・

今年は もう なんというか
・・・・・生かされてたんだ ・・
と ひしと感じてしまった
できれば 会って ありがとう と
ありがとうございました とお礼を言いたい
だけど それは叶うはずのない 夢
 淋しい淋しいつらい 哀しい ・・  って云って回ったわけじゃないのに
私の様子がヘンだったのか
心配してか ・・・・
すずかけの長い廊下の端っこで ちょっと と呼び止められたり
お部屋に ・・ いま いい??
 と 神妙な顔をして 入ってきたり
とにかく いつもと違う  大丈夫?? 元気出して !!
の 云われ続けた二か月だった
それというのも
  ありがとうございました
と云いたかった
その人が 今年の3月末で 定年退職された からだった

私の一番の苦手な 察すること が 今回もできなくて

4月1日の朝 ・・ なんで今日は。。遅いんだろう??

   そう思っていただけだった
定年ナンだから 来ないの 当たり前だろ
って云うちゃきちゃんは 定年から嘱託になっていつも通りに会社に行っている
しっかりしろよ
  重責にあればあるほど だよ 。。
と 俺たちくらいは嘱託でも行けるけどな  と
     苦笑いで 仕方ないだろ と云った

わたしからの涙のメールを受け取ったちゃきちゃんは
  明日行くから  と 返信メールをくれて ♡

次の日

     いつき組新聞 俳句新聞  を手に

すずかけの しょぼたれている私を訪ねてくれた^^v

2016年4月 春 号 のそれは

          『水鳥の座』

の 発表の号だった
わたしは 投句はするものの まぁ 力の違いでいつも選外なので ・・
真面目に ノミネートされた20句 を見ていなかった ・・

   びっくりした
     『水鳥の座』
の 評と点を もらえるその句の中に
自分の名前が あった !!
ちゃきちゃんは 松山からのオレンジ色の封筒を きっと喜ぶに違いない!!と
朝 会社のカバンに入れてきてくれたのだった
だらしなく 泣きそうな気持ちばかりを急き立てて
自分が自分を追い込んでいた

何人もの声を掛けてくれる職員さんたち
私の喜ぶ顔を思って朝から用意してくれていた ちゃきちゃん
すんごい シアワセ^^v

・・って それだけで十分にシアワセ!!だったのに ・・ なんと! ナンと!!

あったのですよ !!  
     『水鳥の座』 の 中に !! わたしが!!

もう びっくり!!
  4月1日 の あの落ち込んだ気持ちは ・・・・・

     ぶっ飛びました!!

  『水鳥の座』

○7点句

 けいこ、熱一気、いけのまりも、しかもり、小木さん、
 雨利々朱、だりあ 選

●美しく、そして哀しい句だと思います。羽
ばたいたその時、水鳥の目は青空しか見つ
めていない。水面から離れたその瞬間の、
顎をまっっすぐに伸ばし、上昇していく様子
が見えるようです。    (いけのまりも)

●五・七・五のリズムで詠みました。下五の
「空」は。くうと読みました。なぜかジャック
スの「からっぽの世界」を聴きながら、ぼく
も一緒に歌いたい気分になりました。別にさ
みしいわけではないが、水鳥の目の青さが
余計にまっすぐ飛び込んできます。(小木さん)

   ◇水鳥の目の色は青空ばかり


こんなにも素晴らしい評をいただいて七点もの点をいただけて
いままで俳句を続けてきてよかったぁ〜 ・・

もっと頑張らなくっちゃ!!

って 生気を吹き込まれたような気がした

   いつき組俳句新聞 春号 

を受け取った時の私 でありましたペコリ(o_ _)o))


評をいただいた方 点をいただいた方
声を掛けてくれた すずかけの職員の方々
そして 誰よりもお世話になっておきながらご挨拶もできなかった 貴方

そしてそして  優しい塊の! ちゃきちゃん 

       ありがとうございました!!これからもどうぞよろしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日から・・

・・
  そう 昨日から 在宅の人になってます(^_-)-☆
初めての春の入所は カナシイことばっかり…じゃなくって
 少しはイイこともあって
花咲けど君いぬ春の風さむしみどり濃ければなおさらさむし
・・・・・ なんて詠んでしまうほど しょぼたれている頃もありました が
ちゃきちゃんが 運んできてくれるお報せは一気に勇気づけてくれるものや背中を押して励ましてくれるものがたくさんありました
 春の雪  にはじまった 私の イイこと は
俳句マガジン 4月号 雑詠俳句計画 にて 地 をいただき!(^^)!
  がんばるぞ〜!! なんて 思わせてもくれました
◆山裾の雪解け水の跳ねる音
一山全体から裾へ向かって、地下を地表
を木々をたどって山裾へ向かう雪解け水。
地上に出たものは流れとなる。小さな音に
山全体の営みを思う。
・・・・・・・・・・うれしい!!です(..)
そして もう一句 並に採っていただけた句は
◆ふりかえる視線をよけて春ショール
自由律俳句計画
     私は この句が一番好きなのですが・・
          並   にとっていただけました
◆山見れば山に涙す
                    cherryblossomcherryblossom。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧